050-3540-6394(池袋クリニック)受付時間:月曜~木曜・土曜 9:30~18:00(日祝除く)

がんを知る

Cancer

放射線治療のデメリットを解消する画期的技術「陽子線治療」の今と課題

放射線治療については皆さんご存知かと思います。がんの標準療法であり、エックス線をがん病巣部に照射することでがん細胞を死滅させ、増殖を防ぐ治療方法です。今回ご紹介する陽子線治療は、そんな放射線の一種ですが、放射線治療とは異なるメリットがあり、注目されています。何が優れているのか詳しく見ていきましょう。

目次

正常な細胞へのダメージを最小限に抑える

先進医療に認可。技術料は全額自己負担

大がかりな設備投資には高額な費用が必要

まとめ

正常な細胞へのダメージを最小限に抑える

がんの病巣部分に直接照射してがん細胞を破壊し、増殖能力も奪う治療方法として、放射線治療があります。がんの標準療法として「手術」「抗がん剤」に並んで、現代のがん治療における、中心的な選択肢の一つです。しかし、放射線はがん病巣部だけでなく、その奥にある部位にも放射線が当たり、正常な細胞にもダメージを与えてしまうデメリットがありました。

近年、このデメリットを解消する技術がいくつか実用化されており、そのうちの一つが陽子線治療です。陽子は原子核を加速したもので、放射線の一種です。水素と言う最も軽い原子を加速することで、がん治療に応用しています。照射した陽子線の「止まる深さ」をコントロールすることができるので、がん病巣部だけに留め、その先の正常な細胞群にはダメージを与えないことが画期的な技術であるといわれています。

例えば、眼球の近くにがんができてしまった患者さんの治療では、今までの放射線治療では視神経にダメージを与えてしまい失明のリスクが非常に高くなっていました。それが陽子線治療では、視神経へのダメージを最小限に抑えることができることから、患者さんの視力を失うことなく治療することが可能となっています。がんを取り除くだけでなく、患者さんの体の機能を維持し、治療後の生活の質を維持することにも繋がるのです。

先進医療に認可。技術料は全額自己負担

陽子線治療のメリットは、手術や抗がん剤、従来の放射線治療に比べて、患者さんの体への負担が少ないということが挙げられます。前述のように、がん腫瘍部分に集中して照射できることから、放射線治療だと影響を受けてしまっていた腫瘍周辺の臓器へのダメージを抑えることができるでしょう。負担が少ないことで、日常生活を送りながら通院で治療をできるかもしれません。また、従来のエックス線では効きにくかった腫瘍や、大きな腫瘍にも適用することができます。

一方で、まだ万能の治療方法とはいえません。適用範囲は早期発見のがんであり、転移が認められるがんには適用ができません。また、消化管から発生した胃がんや大腸がんには適用が難しいなど、すべてのがんに適用できるわけではありません。

また、費用面の理由からも、誰もが受けることができる治療とはいえないのが現実です。医療施設や治療計画によって異なりますが、陽子線治療は平均すると300万円前後の治療費用が必要です。厚生労働省によって先進医療に認可されているため、陽子線治療にかかる費用は全額自己負担ですが、併用するその他の標準治療に関しては保険適用が認められます。

それでも、2016年4月から小児がんに対する陽子線治療が保険適応となりました。更に2018年4月から、頭頸部腫瘍・前立腺がん・骨軟部腫瘍も適用に加わっています。少しずつ陽子線治療の技術を患者さんが享受できる環境は整いつつありますが、更なる適用拡大と費用面の負担削減が望まれています。

大がかりな設備投資には高額な費用が必要

陽子線治療では、照射部位を定めることが大事です。CT検査を元にどの部分に照射をするべきか判断をして、体をしっかりと固定した状態で実施されます。陽子線治療では陽子を電磁石の力によって加速させるのですが、このとき陽子線照射の速度は光の速度の60~80%まで加速されます。これは1秒で地球4周半以上に相当する速さになり、加速させた陽子を移送機器によって患者さんのいる処置室に移送し、照射します。

これらの加速するための装置は、大掛かりな設備となってしまうため、従来の放射線治療(X線治療)に比べて高額な設置費用が必要です。2017年時点で国内では陽子線治療が受けられる施設はおよそ16ヵ所といわれています。このことからも、現状では全国の病院に普及しているとは言い難く、限られた施設でのみ受けることができる治療といえるでしょう。

まとめ

陽子線治療は患者さんの体への負担が少なく、高齢者の方でも適用しやすい治療法です。治療後の社会復帰も早くに可能で、とても将来性のある治療方法といえるでしょう。ただし、まだ先進医療に認定された段階の治療技術であり、保険治療との併用は認められているものの、陽子線治療にかかる実費は全額自己負担です。300万円前後の治療費がかかることから、限られた人の選択肢であることは否めません。それでも、従来の放射線治療のデメリットを解消する画期的な治療技術であることは事実です。より多くの人が受けられる治療方法となることを願っています。

pagetop