03-6914-0723(池袋クリニック)受付時間:月曜~木曜・土曜 10:00~17:00(日祝除く)

当院の免疫療法による治療メニュー

diagnosis

NK療法

NK療法(免疫細胞療法)において使用する細胞のなかでも、NK(ナチュラルキラー)細胞の効果が注目されています。 もっとも原始的な免疫細胞であるNK細胞はリンパ球の一種で、自然免疫の中心的役割を果たし、ウイルスに感染した細胞やガン細胞に結合して殺傷する役割を持っています。 NK細胞は、異物を攻撃するという特性を有しています。 がん細胞は健康な方でも毎日3,000個〜6,000個くらいは体内で発生していると言われており、がん細胞をいち早く発見して殺傷するのがNK細胞です。 がん患者様はNK活性が健康な人と比べて低下していることが明らかになっております。 NK療法(免疫細胞療法)は、最も確実性が高いと考えられるNK細胞を主に高活性化培養し、点滴で体内に戻します。
治療は血液50ccほどを採取することから始まります。 一般の献血が400ccですので、それと比べるとはるかに少量です。 その後、約2週間をかけて、無菌状態に保たれた最先端の培養施設で、熟練の培養技師が培養、活性化し、NK細胞を数百から数千倍を目安に増やします。 健康な人が持っているNK細胞の数は約1億個ですので、4億~5億個を目指して培養します。(NK細胞の数値は目安であり、培養期間や患者様の状態によって異なります。) それを生理食塩水とともに、点滴で患者様に戻します。

治療の流れFlow

  • 相談・初診
    患者様やご家族のご相談をしっかりお聞きし、詳しい治療内容やスケジュールなどをご説明いたします。(随時開催の相談会にお申込みください)十分なご理解をいただき、ご同意を得た上で治療に入ることになります。(初診)
  • 検査
    初めに、KT細胞療法の適用を判定するため、各種感染症検査などを行います。
  • 採血
    患者様の血液を約50cc採取します。(NK細胞を摂取する上で必要な採血量となりますが、貧血などの理由により採血50ccが困難な場合、20ccの採血で可能な「活性化リンパ球療法」をお勧めする場合がございます。)
  • 培養
    約2~3週間かけて、患者様のリンパ球の中のNK細胞を主に選択的に増殖させ、がん細胞を殺す能力を高める活性化を行います。
  • 投与
    増殖し高活性化したNK細胞を生理食塩水とともに点滴(30分前後)で患者様に戻します。ご本人の細胞ですので、まれに一過性の発熱を伴うこともあります。
  • 効果判定
    1クール(6回投与)終了後、CT・検査データをお持ちください。 結果を見て今後の治療についてドクターと患者様やご家族とお話し合う機会を設けております。
pagetop