03-6914-0723(池袋クリニック)受付時間:月曜~木曜・土曜 10:00~17:00(日祝除く)

当院の治療メニュー

diagnosis

融合細胞療法

1
000,000円(税抜)

※当治療法は、保険適用ではないため公的保険は利きません。
※海外在住の方には、別途コーディネート費、通訳費等が加算されます。

この治療法は患者様自身のがんに対する免疫機能を向上させて、病態の進行を抑制することを目的とします。
その効果の発現は、患者様自身の免疫機能の状態やがんの進行状況により異なるため、ただちに効果があらわれる場合も、また効果があらわれない場合もあります。
当院はその効果を保証するものではありません。効果の有無や程度につきましては、これまでの治療経験に基づいて、当院では医師がその効果について随時判断し、これに基づいて患者様と治療法について相談して参ります。

「国内外で臨床研究を行ってきた治療法」

この治療法は日本や米国で数多くの臨床試験を積み重ねてできた治療技術です。
患者様自身のがん細胞を使ってがんを攻撃するというこれまでに無い、斬新な治療法です。

「世界ででたった1つの完全オーダメイド型がんワクチン」

患者様自身の樹状細胞とがんから新しい細胞を生成、調整し、
完全オーダメイド型がんワクチンを患者様ご自身に皮下注射により投与致します。

「がん細胞の変異などにも対応、がんを特異的に攻撃」

がん細胞そのものが変異しても、このワクチン治療は患者様ほぼすべてのがん抗原情報を持ち、がん細胞を攻撃する司令をキラーT細胞に出しますので、キラーT細胞ががん細胞を特異的に攻撃していきます。

樹状細胞がんワクチンの実際

治療は、患者様のがん組織に由来する細胞と患者様血液中白球から作製する樹状細胞を衛生的な環境で融合させて培養し、樹状細胞がんワクチンを作り出します。
この新しい細胞は患者様のがんの抗原情報を持っています。これを再び患者様の身体にもどすことにより、がん細胞の抗原情報の提供を促進し患者様自身免疫より、がん細胞の死滅を期待するものです。
また、その効果を高めるため、免疫機能の適正化をはかる機能持つ補助剤(アジュバント)としてインターロイキン12という薬剤を適宜投与します 。この治療は、ほぼすべてのがん種に対応しています。

治療の流れFlow

  • 個別無料相談

    完全予約制です。
    過去の治療履歴、診断内容がわかる資料をご用意のうえお約束日時にご来院頂きます。

  • 治療の同意

    当院は自由診療となります。
    治療の説明に納得頂いた上で、同意書を頂戴致します。

  • 初診・採血

    採血:樹状細胞がんワクチンの調製のために約60cc採血をさせて頂きます。
    皮膚生検:樹状細胞がんワクチンの調製のために皮膚採取を行います。

  • ワクチン調製
    個人差がありますが、平均的には材料到着日から起算しておよそ2~6週間程の日数が必要です。

  • 治療

    ワクチンの調製状況に応じて、治療開始日を決定させて頂きます。平均的には、1 クール6回を最短で2週間毎の投与となります。
    ※抗がん剤治療と併用を希望される場合は医師と投与間隔をご相談ください。

pagetop